不動産競売で入札する際の入札書セット・東京地裁に実際に取り寄せてみた体験記

入札

今回は、東京地方裁判所入札する場合に、事前に必要な競売入札書セット取り寄せを実際にやってみましたので、手元にそれが届くまでの流れをご説明します。

入札書セットの取り寄せ体験記

東京地方裁判所へ郵送請求した

令和3年6月16日(水)

東京地方裁判所民事執行センター宛てに普通郵便を送付しました。

送付用封筒(画像右の封筒・長3サイズ)

①「94円」分の切手を貼ってます。

東京都目黒区目黒本町2丁目26番14号
 東京地方裁判所 民事執行センター 執行官室 御中
と記載しております。

③「入札書在中」とわかりやすく赤字で書いてます。

返送用封筒(画像左の封筒・角2サイズ)

④「140円」分の切手を貼ってます。

付箋を貼っております。
「お世話になります。大変お手数おかけしますが、入札書セットにつき、貼付切手の料金の範囲内で送ることのできる部数分をお送り下さいますよう、よろしくお願いします。」と書いてます。

返送用封筒を小さく折って、送付用封筒に入れてポストに投函しました。

東京地方裁判所から返送されてきた

その5日後の6月21日(月)に、東京地方裁判所より返送されてきました。

競売入札セット部、競売物件の入札手続きについて(A3)1部、陳述書記載要領(A4)1部が同封されておりました。
②③送られてきた封筒の裏側には、東京地方裁判所民事執行センターのゴム印がしっかり押されてありました。

送られきた「競売入札書セット」の中身


①振込依頼書
金融機関で使用する振込用紙で、3枚複写(金融機関用・裁判所提出用・依頼人保管用)になっております。

②入札書
入札価額や入札人情報を記入します。

③入札保証金振込証明書
提出者名や保証金の返金先、振込後の①の裁判所提出用を下部に貼り付けます。

④競売物件の入札手続きについて(手引書)
各記入用紙の説明書になります。

⑤入札封筒
入札書をこれに入れて裁判所に提出します。

⑥陳述書
入札者が反社会勢力ではない旨の宣言書です。

⑦陳述書記載要領
⑥の記入要領が書かれております。

まとめ

東京地裁に普通郵便で競売入札セットを郵送請求すると、5日後に返送されました。
140円分の切手を貼った返送用封筒には、入札書セット各3部同封してくれておりました。

これでいつでも入札可能となります。
次回は、実際に東京地裁の競売物件に入札してみたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

↓お帰りの際には、1つでも応援クリックしてもらえると大喜びです。
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
不動産投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました